ベラジョンカジノ登録方法を徹底解説!

資本リスクをあまりかけずに富を築きたいのであれば、不動産への投資が最適です。この種の投資の利点として考えられるのは、マンション購入に必要な現金がなくても、ローンが可能なことや、不動産がクレジットで取得できる唯一の投資であることでしょう。特に、昨今の例外的な金利条件の恩恵を受けるため、ローンを利用して購入資金を調達することをお薦めします。また、最初に少額を投資し、ローンを返済し終えた後には、長期的にかなりの富を築くことにつながるクレジットのレバレッジ効果の恩恵を受けることも可能です。毎月のローンの支払いは主に家賃に費やしていた支出によってカバーできるため、貯蓄に大きな影響が出ることもないでしょう。ただし、不動産への投資には、このような利点はあるものの、購入に必要な費用を償却し、キャピタルゲインを期待するためには、少なくとも10年といった​​長期的なスパンで検討する必要があることに注意してください。不動産への投資に躊躇している方のために、投資をお勧めする3つの理由をご説明します。

1.全体的に魅力のある費用対効果

極端に低い金利は、借り手にとって朗報であっても、投資家にとってはそれほど良いニュースではありません。 実際のところ、ある程度のリスクを受け入れない限り、2%を超えるリターンが期待できる金融投資を見つけることはほぼ不可能です。しかし、不動産投資では、はるかに魅力的なリターンを期待できます。 投資の種類にもよりますが、現在のリターン率は、中程度のリスクのある不動産で1.5〜5%、リスクの高い不動産への投資では2倍にまで達しています。

2.複数の市場資産を分散できる

まず、不動産市場の動きは金融市場のそれとは異なります。不動産への投資は、選択した資産のタイプに応じて、さまざまなレンタルニーズを組み合わせることができるため、資産を幅広く分散させることができます。たとえば、大都市圏の中心部で「安全な賭け」を選択すれば、あまりリスクを取ることなしにリターンを保証できます。一方、今後の開発を見込んで将来的に価値が上がりそうな地域の物件に投資すれば、大きな利益をあげる可能性もあるでしょう。ただ、長期的には大幅なキャピタルゲインを期待することができても、借り手を見つけるのに苦労するかもしれません。

追記:専門的な不動産(オフィス、ショップ、ホテル、駐車場など)に投資する利回りは、住宅用不動産とは大きく異なる市場の成長から利益を得ることができます。そのため、これらの商品は、不動産に投資した資産の多様化を可能にしてくれます。

3.資産の一部を保護することができる

はじめに投資先を間違えない限り、長期的に見れば、やはり不動産投資が最もリスクの低い投資だと言えます。なぜなら、深刻な危機が発生した場合でも、価格の下落は急激にではなく、ゆっくりと時間をかけて起こるからです。不動産投資の唯一の難点は、社会的な混乱が生じた場合に、売却する手間が金融資産と比較してより複雑で時間がかかることです。したがって、大きな打撃に直面した場合に備えて、常にいくらかの現金を蓄えておきましょう。 最後のポイントは、予算を大きく超過する額の不動産には決して投資しないことです。不動産投資が人気だとはいえ、実際の投資はいわゆる「自己資金」ではないため、税金など追加で必要となる料金を決済するための資金が必要となります。 不動産はギャンブルとは違うので、投資する前に徹底的に調査をする必要があるのです。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments